キャッシング 電話確認

キャッシング契約の電話確認は必要?

キャッシング契約の電話確認は必要?

キャッシングの契約をするためにはいくつか必要な事項があると言われています。

 

一つは本人確認書類を提出することで、もう一つが在籍確認をすることだと言われています。

 

キャッシングを利用するには、安定した収入があることが必要になってきます。

 

安定した収入というのは、会社員であることや公務員であること、自営業者であることなどを意味しますが、申込書に書かれた項目だけでは、確かにその会社や団体に勤めているのか、自営業を営んでいるのかということは分かりませんよね。

 

貸金業者もお金を貸して返済をしてもらうことで利益を得ていますから、申込書だけを信じて仕事をしているから大丈夫というような判断をすることはありません。

 

そこで必要になってくるのが在籍確認です。
申込書に記入された電話番号に電話をして、確かにそこに在籍しているのかを確認するというものが在籍確認です。

 

しかし、現在は働き方も多種多様で、中には在籍確認が取れないケースも出てきています。
消費者金融側もこのような電話での在籍確認は効率的ではありませんし、コストの面を考えても指定個人情報機関などを照会することで在籍確認が不要と判断をして電話確認を行わないケースも出てきているようです。

 

またWEB完結型のキャッシングでは、電話確認はなく、メールで本人確認を行うというシステムで確認作業を行っているキャッシング契約も出てきています。

 

もし、電話確認が困るということでしたら、このようなシステムのキャッシング契約を検討してみてはいかがでしょうか。

 

>トップに戻る